ぼてぢゅうグループの歴史 1
戦後の大阪とぼてぢゅうの創業
HISTORY OF BOTEJYU 1

大阪と終戦

第二次世界大戦の終戦を迎えた大阪は、現在の大阪駅から難波の高島屋まで一面の焼け野原。
繁華街の心斎橋、ビジネス街の船場、本町も瓦礫の山。全てが破壊しつくされた廃墟の町と化していました。
しかし大阪は商人の街、そんな状況でもいち早く闇市が大阪のいたるところで出現し、盛況を極めていきました。

ぼてぢゅうの創業

昭和21年、戦後の厳しくも、たくましい時代の大阪玉出でに、ぼてぢゅうは誕生しました。大阪の闇市には、
大阪港や神戸港から水揚げされたアメリカからの支給品の中に、メリケン粉(小麦粉)がありました。
その当時、お米の代用品として配給されていたメリケン粉を水で溶いて焼く。
素早く簡単に調理でき、栄養源になることから、当時食糧難で苦しむ大阪でまたたくまに、その調理法が広がりました。
伝統的に昔から小麦粉を水で溶いて焼く調理法は日本に存在していましたが、
この時期の生活環境も影響して大阪を基点に粉ものメニューが定番料理の地位を築くことになります。

  • 北店
  • 創業者 西野栄吉
  • 白いマヨネーズ
  • 当時の従業員たち

PXとマヨネーズ

進駐軍が使う日用品や配給品は、当時の憧れの的でした。その中に当店の飛躍の鍵となるある商品がありました。
当時の大阪は闇市も盛況で進駐軍の購買部であるPXからの横流れ品も店頭にならんでいました。
しかしそれらの商品は一般の国民には高嶺の花の存在でした。

そんな中に戦後急速に広がってきたお好み焼を更に進化させたいとの想いを持つ、ぼてぢゅうの創業者である西野が目をつけた商品がありました。
それは今までは冷たいものにかける調味料として知られていた「マヨネーズ」なのです。
アメリカ産の酸味を抑えた、独特の風味のあるマヨネーズを一口味わった時に、これはお好み焼に合うとひらめいたのです。
それ以来試行錯誤を繰り返した末に、お好み焼のトッピングとして店頭での発売にこぎつけました。
お好み焼にマヨネーズをかけて提供している店があるという噂は徐々に広がり、
ある女性達の贔屓の店となり、それがきっかけで大阪中に評判が広がることになりました。
その女性達とは、今も昔も女性の憧れの存在である「タカラジェンヌ」なのです。
お好み焼にマヨネーズは今では定番の取り合わせですが、それを考案したのは実は当店なのです。