ぼてぢゅうグループの歴史【成長期】
大阪から東京、そして全国へ
HISTORY OF BOTEJYU 2

高度経済成長期、東京へと進出

大阪は戦争による老廃と混乱から驚異的なスピードで復興し、東京とともに日本経済を牽引することとなりました。
そして、日本は世界第二位のGNPを誇るまでに成長。
ぼてぢゅう®は、1965年(昭和40年)東京・渋谷に進出し、お好み焼文化を東京、そして全国へと広げる足がかりとしました。

東京1号店 ぼてぢゅう 渋谷店 (1965年6月13日開業)

大阪名物、モダン焼もぼてぢゅう®から

戦後の復興期から高度経済成長期にかけては、多くの労働者が日夜、社会インフラづくりに勤しんでいました。
肉体労働でお腹をすかせた労働者たちにとって、安くてボリュームのあるメニューが何よりも喜ばれ、モダン焼の人気にも火がつきました。

モダン焼は、まかないメシから生まれたぼてぢゅう®発祥の料理です。
お好み焼と焼きそばがひとつになっていて、食べ応え十分。
現在では、お好み焼と同様、大阪名物として多くの人から愛されています。

日本の各地域も、食で元気に

お好み焼が各地で知られるようになり、偽物が登場したり、セルフスタイルで提供するお店が増えたりと、
本当のお好み焼が人々に届かなくなった時期もありました。だからこそ、大阪発祥の本物のおいしさを届けたい。
その一心で、これまでがんばってきたのです。
そして、お好み焼やモダン焼が大阪のご当地グルメになったように、日本各地のご当地グルメを応援したいと考えました。
ご当地グルメを地域活性化に役立てようと願う人々に、私たちが経験したような苦い想いをしてほしくはありません。
ぼてぢゅう®グループでは、ご当地グルメ認証団体にスタッフを派遣し、地域の食や風土を学ばせ、指定のレシピと指定の食材を使って、
本物のご当地グルメを提供しています。

ご当地グルメと地域活性化について詳しく知る

ぼてぢゅう®グループは、日本各地のご当地グルメを応援しながら、地域活性化に貢献しています。
その背景には、お好み焼が各地で知られるようになり、偽物が登場したり、セルフスタイルで提供するお店が増えて、
本当のお好み焼のおいしさが伝わらなくなった時代があったからです。
そんな悔しい想いをした経験から、さまざまな地域でがんばる人々に私たちと同じ想いをほしくない、
マジメにがんばる人と手を組み、地域を盛り上げたいと願ったからでした。

そこで、ご当地グルメ認証団体にスタッフを派遣し、地域の食や風土を学ばせることからスタート。
指定のレシピと指定の食材を使って、本物のご当地グルメをぼてぢゅう®グループ内の各ブランドで展開しています。
ラインナップは、以下の全国ご当地グルメ一覧をご覧ください。

ご当地グルメと地域活性化について詳しく知る