元祖 お好み焼
ABOUT
LEGENDARY OKONOMIYAKI

大阪で愛され続けてきた鉄板料理。
粉もん料理の代表格。

  • お好み焼とは

    お好み焼(おこのみやき)は、日本料理を代表する鉄板焼料理のひとつです。水に溶いた小麦粉をベースにキャベツ、肉、魚介類など、お好みの具材を入れ、鉄板の上で焼き上げ、ソース、マヨネーズなどの調味料をつけて召し上がる、定番の国民食です。現在では時代やお客様のニーズにお応えして、様々な具材やソースのバリエーションも豊富にご提供しています。

  • お好み焼の誕生

    戦後の食糧難の時代、手軽に手に入る材料を使った貴重な栄養源として人々の間に普及、街中に取り扱う店舗が増えたことにより拡大して、現在のお好み焼の基礎が作られました。
    また現在ではお好み焼の定番の取り合わせとなっている、当店が考案したマヨネーズとの組み合わせが話題となり、全国区の料理として定着していきました。

  • 日本を代表する伝統食

    お好み焼の起源は今から400年前。
    茶道の茶菓子として提供された、水で溶いた小麦粉を薄く焼き、山椒入りの味噌をはさんで食べた「麩の焼」がお好み焼のルーツと言われ、日本を代表する伝統食です。それから長い年月をかけ進化を続け、今では大阪発祥の日本を代表する国民食として愛されています。

  • ぼてぢゅう®のお好み焼

    ぼてぢゅう®では、小麦粉に山芋を加え、だしで溶いたオリジナル生地を使用しています。そこに、新鮮なキャベツ、厳選された肉や魚介類をふんだんに入れて、料理人が鉄板で焼き上げます。味付けには、オリジナルのソース(食品添加物無添加)と大阪マヨネーズ。専門店ならではのおいしさが味わえ、栄養もたっぷりです。

代表メニュー