BASTA HiRo BASTA HiRo

BASTA HiRo

カリスマシェフ山田宏巳のカジュアルイタリアン

「BASTA HiRo」は、「BASTA PASTA」の遺伝子を引き継いだイタリアン・カフェ&バールです。「BASTA PASTA」の代名詞であるオープンキッチンを配し、山田宏巳がプロデュースする独創的でクオリティーの高いイタリア料理をカジュアルな雰囲気と価格で
ご提供致します。そんなコンセプトから店名は「BASTA HiRo」とネーミングしました。

コンセプト
CONCEPT

数々の伝説を作り上げてきた、 日本のイタリア料理界を代表する天才シェフ“山田宏巳”

1953年浅草生まれ。18歳でイタリア料理界に入り、27歳でイタリアへ渡る。 1年半の修行後に帰国。1985年に東京・原宿「BASTA PASTA」の初代料理長に就任。日本初のオープンキッチン方式を採用し、シェフが主役として和の食材などを使った独創的なイタリア料理を提供。山田宏巳が作り出す新感覚のイタリア料理は“イタメシブーム”を巻き起こした。その後、都内数店舗の料理長を経て、フジテレビが放映する「料理の鉄人」にて鉄人に勝利し、一躍ときの人となる(その後番組名が「アイアンシェフ」に変更された2013年2月にも鉄人を破り、前人未到の2連覇を達成する)。その後、1995年に東京南青山に「リストランテ・ヒロ」をオープン。1999年イタリアの料理専門誌「ガンベロロッソ」で「最も期待できる料理人」に選出。翌2000年には沖縄サミットでイタリア首相ジュリアーノ・アマート氏の専属料理人を務めた。2009年にはサンセバスチャンガストロノミー代表の一人として参加。現在、計7店舗の総料理長を務める一方、2009年には自らが調理しておもてなしをする「ヒロソフィー」を東京銀座にオープン。2013年には「BASTA HiRo®」を錦糸町にオープン。日本を代表するイタリア料理界の天才シェフとして不動の地位を築くとともに、現在も日本のイタリア料理界を牽引している。

伝説のイタリア料理店 「BASTA PASTA」を継承

今から28年前(1985年)、原宿神宮前に店内の真ん中にオープンキッチンを配し、シェフが主役となった「BASTA PASTA」という伝説のイタリアンレストランがありました。その初代の料理長を、日本イタリア料理界を牽引している天才シェフ、山田宏巳がつとめました。この店がまさにイタメシブームの火付け役となり、イタリア料理のブームを巻き起こしました。

BASTA HiRo からのお知らせ

BASTA HiRo概要

ブランド名
BASTA HiRo
経営形態
直営・LC
出店場所
商業施設・百貨店・路面
店舗数
2店舗(内海外2店舗)
出店エリア
ベトナム
メニュー
イタリア料理